白河フォレストスプリングへ釣りに行きました。 2009年10月20日(火)


娘が帰省して2日目。白河フォレストスプリングスで釣りをしたいとの娘の希望で朝7時に家を出ました。
8時前に到着してライセンスを購入。
料金は1日券で大人4,000円、女性・中学生3,000円、小人2,000円です。

まずはファーストポンド(10,000m)へ。どうですか広いでしょう。
まずは私の第一投。

こちらは娘の第一投。

ファーストポンドの全景(手前が欠けていますけど)です。

あまりにも釣れないのでサードポンド(同じく10,000mです。)へ移動です。
ここは、ファーストポンドとサードポンドがルアーとフライで釣れます。セカンドポンド(10,000m)はフライ専用。
シャローエリア(3,000m)は、女性と小学生用のルアーとフライ用です。

移動してしばらくすると娘のルアーにヤマメがヒット!
後の方にある建物はレストハウス。天気の良い日はデッキでも食事ができます。

お昼になったのでレストハウス内のFS・Cafeで食事です。ゆったりとしています。

きれいな建物で天井も高いです。
右の奥に展示されている剥製は、潮来つり具センター店長でフィッシングタックルのアドバイザーをやりながら世界各国を釣り歩くようになり『釣り・ロマンを求めて』の出演、出演ビデオ・単行本を多数出版、釣り雑誌への執筆活動を活発に行っている村田基氏が釣り上げたものです。
魚種は忘れてしまいましたが29.7Kgの超大物です。

カミさんは運転しないので、まずは、バドワイザー。
私はノンアルコールビールで乾杯です。

カミさんのジャンバラヤ(750円)カミさんのお好みの味です。手前の野菜はジャンバラヤのお皿に乗っていた物で3人で食べるために別皿に移しました。

娘が注文したトラウトカレー(800円)です。本当は4枚ついていたのですがカミさんが1枚もらいました。

私が注文したのは、どこでも食べられるカツカレー(840円だったかな?)。
どれも量がすごいんです。
あとから来たご夫婦はそれを知らないでカレーライスの大盛りを注文して、出てきた物を見て目を合わせて笑ってました。そうです笑っちゃうしかないのです。
メニューとしては、
★EGAメニュー
 ジャンボホットドッグ、メガサンド、メガバーガー、メガステーキBBQ

★トラウトメニュー
トラウトのパンフライタルタルソース添え、フィッシュ&チップス、トラウトアマンディー、トラウトカレー、トラウトバーガー

★DRINK
コーヒー、エスプレッソ、カプチーノ、ホットチョコレート、カフェオレ、バナナシェーク、ビール各種、ワイン・・・etc。

★DESSERT
ホットアップルパイのアイスクリーム添え、カボチャのアイスクリーム・・・etc。
とおしゃれなメニューが勢揃いです。

トイレなんかもきれいで清潔です。これなら女性も気持ちよく利用出来ます(これは男子トイレですが)。

レストルームの中は、ソファーがあってアングラー情報交換の場、ホッと寛ぐ場です。。初めての方やベテランの方まで、キャスティングの質問からポンドの攻略法までレストハウスのスタッフからアドバイスももらえます。また、レストハウス内には、釣具販売コーナーもあります。

これも娘が釣り上げたF1です。

F1 (イワナ×ブルック)とは?
和名ではカワマスとも呼ばれています。原産地は北米東北部からカナダの東部大西洋側に分布します。体の背部は緑褐色で淡緑系の虫食い模様があり、側線付近には鮮やかな青赤点が点在します。産卵期には雄は下顎がのび、せっぱりになり、腹部が鮮やかなオレンジ色になる、とても派手な魚です。                               
 
イワナの♀とブルックトラウトの♂を交配して作りだした雑種1代目の魚です。サケ科魚類の交雑魚ではこの組み合わせが一番歩留まりも良く、F1(交配1代目)と呼ぶとこの魚の事をさすことが多いです。ジャガートラウトと呼ばれるようにもなりました。性格はまさにイワナとブルックを足して2で割った感じ。イワナより成長がよく成熟するとブルックのように鮮やかな体色になります。
と園内の魚種の説明板に書いてありました。 

持ち帰った魚。
上から、F1、ブラウントラウト、ヤマメ(なぜか、頭と尾が真っ黒になってしまいました。)
F1、ブラウントラウトともどう猛な顔をしていますね。
8時間ほどロッドを降り続け、日焼けと翌日は肩痛になってしまいました。

良い1日でした。


最後までご覧頂きありがとうございました。

バックナンバートップへ

那須高原ペンション トラッド倶楽部サイトのトップページへ

那須高原ペンション トラッド倶楽部
TEL:0287-78-3512

〒325-0303
栃木県那須郡那須町高久乙1448-12