大内宿に行きました。P1 3月28日(月)


娘が帰郷しているのでどこかへ出かけようと言うことで大沢宿へ行こうと言うことになりました。
温泉街を過ぎて殺生石の先の那須高原有料道路の入り口です。

無料になった那須甲子道路を進むとマウントジーンズ・スキーリゾート那須ジーンズがあります。
ゲレンデには雪が見えるのですが雪質はだいぶ悪くなっているとお客様から聞いています。もうそろそろ終わりでしょうか?
駐車場から見た画像なので実際には左から右に進みます。

甲子道路は南斜面は溶けているのですがこんな部分がたくさんあります。

甲子道路に突き当たり左に進むと昨年開通した甲子トンネルがあります。
延長は4345m、標高1004mのトンネルです。
トンネル内を進むととにかくまっすぐにセンターラインが続きます。

だいぶ下った所に工事中の建物。
看板を見ると“道の駅 しもつけ”となっています。4月下旬のオープンです。
しかし、交通量も少なく成り立つのだろうかという疑問がわきます。
暖かくなるともっともっと車も増えるのだろうか?

国道121号線(会津西街道)を走行中、娘がボデー商会があるというので見ると今時ボデー?
ボディーじゃないの?

数分進と右側に塔のへつりの看板があり右折します。
突き当たりに土産物屋が数軒有るが土産物屋の駐車場。そんな所に停めたら何か買わなくちゃならないので問題にならない場所に停めました。
塔のへつりは大川羽鳥県立公園、大川ラインの一番の景勝地 なんと、百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返し見事な景観がつくられたそうです。

短い坂を下って橋の手前からの画像です。
水の色と水量が多く、娘は怖いと言っていました。

それぞれの石に名前が付いているのですがどれがどれやら分かりませんでした。
あまり真面目にチェックしなかったのですが…。

吊り橋。
対岸に観音様だか何かあるそうです。
高所恐怖症の娘は渡れず、私も対岸まで行って早々に引き返してしまいました。
中央のオジサンは上下にジャンプして橋を揺らしています。誰を脅かしているんだろう?

この橋なにが怖いかというと手すりが膝上くらいまでしかないのです。

あっ、そうだ「へつり」というのは、川岸や断崖などに造られた険しい道を壁を伝いながら歩く、という意味だそうです。

会津鉄道の塔のへつり駅です。
駅前というイメージはなく林の中を数十メートル進と戸の付いた待合所がある無人駅があります。
本当にひっそりとしています。

  
バックナンバートップへ

那須高原ペンション トラッド倶楽部サイトのトップページへ

那須高原ペンション トラッド倶楽部
TEL:0287-78-3512

〒325-0303
栃木県那須郡那須町高久乙1448-12