6月30日(月)の沼原湿原。

駐車場の角が湿原の入口です。
沼原湿原湿原まで1kmの行程です。その標識の横には恐ろしい“熊出没注意”の看板がありますが湿原まではそこそこ人気もあるので大丈夫でしょう?
出来れば鈴を付けた方が安全だと思います。
半分以上はこんな道で木の根っこもむき出しになっている所もあります。
途中からこんな階段になっていてちょっと歩きにくく、お年寄りにはきついかも知れません。
階段を下りると周辺案内図があります。
読んでいただければ説明の必要もないですね。
その横にある案内標識。湿原まではもう少しです。
途中休憩所で休憩して木道を進みます。
木道沿いにある説明板。
以前7月に入ってから来た時はトキソウ等も見られたのですがちょっと早いのか見ることは出来ませんでした。
ご存じ“ニッコウキスゲ”まだちょっと早いのか花の数はまばらです。
よおく見ると黄色くふくらんだつぼみが見えているので七月中旬に掛けてが見頃になるのでしょう。
これは、“モリアオガエル”の説明です。
きれいな白い花を付けています。何という花でしょうか? 家に帰ってから調べることにします。
調べてみると“コバイケイ”という植物でした。
カミさんが「モリアオガエルのタマゴじゃないの?」というのでのぞき込んでみるとそのようです。
説明では,水の上の木の枝に卵塊を産み付けると書いてありましたが、水の上の草に産み付けているようなので多分そうでしょう。
リンドウの説明板です。
エゾリンドウは、まだつぼみは見えず、ハルリンドウも終わっちゃたんだなあ。
またもやカミさんの声。「ハルリンドウじゃないの!」よく見ると木道の間に紫色の花。
特徴を見ると背丈も10cmくらいでハルリンドウのようです。可憐な花を咲かせていました。
湿原を出てからの木道わきの案内板。
へえ〜ニホンカモシカなんかもいるんだA。
駐車場にある案内板。簡単な発電の原理の説明です。
その近くにあった桜の木。ヤマザクラのようです。
黒っぽくなったのを口に含んだら酸っぱかったです。
最後にツーショット。
最後までご覧いただきありがとうございました。

バックナンバートップへ

トップページ以外から入った方はこちらをクリックするとトップページに入れます。

那須高原ペンション トラッド倶楽部
TEL:0287-78-3512

〒325-0303
栃木県那須郡那須町高久乙1448-12