2004年那須フェアの紹介です。

同業のアルタニーさんが”手作りジャム、”アルタニーさんの知り合いの大塚さんが”とんぼ玉”の販売をするブースの一角を借りてカミさんの手作り品の販売をしました。
画像をクリックすると大きな(600×450pixels)画像で見ることができます。
地元の名産品などが並んでいます。
牛の丸焼きです。
午後2時から先着500名に無料で配られます。
骨だけになった写真もありますが無惨な姿なので掲載はやめておきます。
これは、釣具屋さんの鮎と穴子の炭火焼きです。
ビールのつまみに最高です。
手打ちざるそば、500円です。
外の軒下で食べます。
室内では職人さんが6人で黙々とそばを売っています。
注文があるとゆでるのでシコシコとして冷たくて最高です。
これは、道の駅「東山道・伊王野」の”そば”です。
道の駅「東山道・伊王野」の紹介ページへ
無料の”うなぎのつかみ取り”です。
合図が有ってから一分以内に捕まえてバケツに入れればうなぎがもらえます。
地面に落としたらやり直しです。
出たがり享子さんがチンドンヤさんと記念写真です。
浅草から来ているそうです。

画像をクリックすると大きな(600×450pixels)画像で見ることができます。
那須ワールド モンキーパークの”スモモちゃんショー”です。
なかなか芸達者です。
中国の伝承。玉藻とも。絶世の美女に化けて時の権力者に取り入り、悪事を行う。最初、インドでは100個の肝を集めようとするが19個しか集められずに正体がばれて逃亡。その後中国に渡り妲己(だっき)に化け殷の紂王(ちゅうおう)を惑わし、逆らう者を焼けた銅の柱に人をくくりつけたり、毒蛇や毒虫の入った穴に人を突き落として楽しんでいたという。
その後日本に渡ったが、鳥羽天皇の精気を吸い取るだけにとどまった。最後は退治されるが、その死体は毒を吹き出す岩、殺生石となり、今でもその石のまわりでは草は生えないという。それを表現した九尾太鼓です。
画像をクリックすると大きな(600×450pixels)画像で見ることができます。
以上で終了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。
もう少し真面目に写真を撮っておけば良かったと反省しています。

トップページ以外から入った方はこちらをクリックするとトップページに入れます。

バックナンバートップへ

那須高原ペンション トラッド倶楽部
TEL:0287-78-3512

〒325-0303
栃木県那須郡那須町高久乙1448-12