那珂川疎水公園へ行って来ました。

那珂川疎水公園です。上流から見た写真です。
疎水とは、那須疎水と言って西那須野町、大田原市の那須のが原は、土地がやせ、強い風が吹き、水が地中に潜り込み農地にならない土地でした。
明治時代に地元有力者や士族達が国有地を借り那須疎水を作り開墾を始めました。
全長16Km、分水路4本の大事業だったのです。
上流側の写真です。
アイビーも水遊びです。
全体の写真です。
旧取水口です。
2006年4月21日に那須疎水旧取水施設として、国の重要文化財とするよう小坂文部科学相に答申が出され近く指定が告示されます。

那須疎水旧取水施設は東水門と西水門、導水路などの他、疎水橋と石造護岸からなる。明治期の1905−06年にかけて建造され、近代の大規模水利施設を知る上で高い価値があるという。現在は市の公園として整備されている。下野新聞より

バックナンバートップへ

トップページ以外から入った方はこちらをクリックするとトップページに入れます。

那須高原ペンション トラッド倶楽部
TEL:0287-78-3512

〒325-0303

栃木県那須郡那須町高久乙1448-12