羽田沼の白鳥 

本日、12月5日に隣の市である大田原市の羽田(はんだ)沼にオオハクチョウを見に行きました。自宅から約20Km、約20分です。

この沼には、オオハクチョウの他、クイナ類のオオバン、淡水ガモ類のマガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、を確認しました。


周りの環境は、民家もほとんどなくのんびりとしたところです。

人を怖がらないのでこんなに近くに寄ってきます。

でも、犬は放さないでください。

おどろいて飛び立ってしまいます。
動物にはものすごく敏感です。

今年もやはり一番多いオナガガモ。

♂と♀です。

一番有名なカルガモです。

数としては2番目ですかね。

数少ないホシハジロ。

遠くてデジカメではちょっときつい。

よい写真が撮れなかったのでこれだけは前のものを使用しました。

東京港野鳥公園ではいっぱい見かけるオオバンです。

2羽いました。多分ツガイだと思います。

この鳥は、クイナ類クイナ科に分類されます。

マガモのツガイです。

やはり♀は地味ですね

オオハクチョウの若鳥です。

くちばしも黄色くなって無く、羽もグレイです。

オオハクチョウです。

現在41羽飛来しているそうです。

今回(12/15)は、キンクロハジロを見かけました。
これは♂です。

ここで紹介しているカモの中では唯一海水ガモ類です。しょっちゅう潜水します。

♂は繁殖が終わってつがい形成の時までの8月~10月に♀と同じような地味な色になる。これをエクリプス羽といいます。
但し、キンクロハジロは生殖羽とパターンは変わりません。

こちらは♀です。

脇の羽の色が違います。
あと、この角度からでは分かりませんが♂には後頭部に垂れ下がった冠羽があって、♀は♂に比べてチョコンとしか有りません。

今回はキンクロハジロが近くに寄ってきたので写真を撮れました。

バックナンバートップへ

トップページ以外から入った方はこちらをクリックするとトップページに入れます。

那須高原ペンション トラッド倶楽部
TEL:0287-78-3512

〒325-0303
栃木県那須郡那須町高久乙1448-12